"自分自身を識る"ホロスコープ石鹸 COSMIC CUBE

No.7 Veil

9.kyuu 処方箋

LANDSCAPE AROMAに使用される精油の歴史と特徴

 

No.7 Veil (ヴェール)

あらたなる始まりの影

終わりの始まりを感じる香り

Lavender

 

 

・Lavender (ラベンダー)

科名:シソ科

精油抽出部分:花の咲いた先端部分・葉

芳香:ウッディーな基調のフローラルでかるく、くっきりとした香り

 

ラベンダー油はアロマセラピーで最も広く使用される精油の一つで、この植物は古い時代から治療に使われていました。また、ローマ人はラヴェンダーの消毒作用を尊び、これを浴槽に入れて沐浴し、創傷を洗いました。実際、英名のラベンダーのもとになったラテン語lavareは、「洗う」という意味です。

 

ドイツの哲学者・思想家のルドルフ・シュタイナー(1861-1925)は、ラベンダーは物質体・エーテル体・アストラル体の三つを安定させるとし、心理的な不調を癒す効果があると唱えました。

 

ラベンダー油は、神経の緊張を和らげ、気の流れを良くし、パニックやヒステリーを落ち着かせます。また、高い血圧を下げて心拍を鎮めます。不眠症に効果的なことは昔から広く知られています。肌に対しては、新しい細胞の成長を促すとともに皮脂分泌のバランスを整え、様々な肌タイプに効果をもたらします。

 

 

 No.7 Veil を使用した商品はこちら

LANDSCAPE AROMA No.7 Veil

ハコイリネコ fuji

・カタイリネコ Honey

・ツクレルネコキット 003

 

 

参考文献:

アロマテラピーのための84の精油(1992/12/10)

ワンダ・セラー (著), 高山 林太郎 (翻訳)

スピリットとアロマテラピー 東洋医学の視点から、感情と精神のバランスをとり戻す(2000/12/25)

ガブリエル モージェイ  (著), 前田 久仁子 (翻訳)

アロマテラピー〈芳香療法〉の理論と実際 (1985/8/30)

ロバート ティスランド (著), 高山 林太郎 (翻訳)

ハーブの魔術(2001/10)

マーガレット ピクトン (著), 佐藤 美保 (翻訳), 森川 由実子 (翻訳), 田中 瑞恵 (翻訳), 山口 香 (翻訳)