LINEお友達登録でクーポン配布中

天秤座新月からの過ごし方 1017 

天秤座 新月から始まる過ごし方

 

 

少し肌寒い日が続いておりますが、皆さまどうお過ごしでしょうか?

今年も残すところ3ヶ月!?年々、時の早さに驚いております。

 

 

さて12/21の冬至に向け、星のエネルギーがさらに活発になってきています。

 

 

乙女座の時期に自分の内側を整理することによって得た新たな自分と、

天秤座新月からは、社会や相手側との関係のバランスをとっていく時期となります。

 

天秤座はコミュニケーションの風の星座となりますので、お友達と外へ出かけたくなったり誰かとお話ししたくなったりと気持ちが外へ外へ活発になっていきます。

 

しかしただ今、火星が逆行中ですので少し自分の主張が強く出る傾向があります。心が揺れて感情的に、または自分勝手になってはいないか?話す前にまず、ひと呼吸。

 

自分と他者とのバランスをとるヒントを申し上げますと、、

 相手は自分の”合わせ鏡”であるという意識を持つことです。

 

なぜ自分がその事柄に対して、そのような気持ちになっているのか?、自分の内側を確認する作業をひとつひとつすることで、外側(他者でなく)自分の内側にある心の問題に気がつくことができるでしょう。

 

バランスをとる一点とはいつもそのように内側と外側、右と左、上と下といういろんな角度で揺れ動きながら自分で選んでいくものなのではないのかなぁと感じております。

 

 

 

 

それでは今月の星のお便り

 

Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno María de los Remedios Cipriano de la Santísima Trinidad Ruiz y Picasso

 

ご存知の方、お好きな方も多くいらっしゃるかと思います。

 

パブロピカソの生涯の中に星を探します。女性関係もなかなかの勢いをお持ちのピカソ。

 

 

ピカソの描く女性の絵は、女性の感情と性質をとてもユニークに切り取って表現しているところが個人的に好きなところです。

 

 

さて、今回は”生涯の中”に見られる星のお話です。

 

 

 

人は年齢域(7年ごと)によって影響を受ける星が変化していくと言われています。(諸説あります)

 

 

 

 

人生において節目と呼ばれる印象に残った出来事や心の動きをピカソ自身の人生(女性関係?!)と作品とともにお届けします。

 

 

自分のこれまでの人生とも照らし合わせながら、あんなことやそんなこともあったなぁ〜と、お楽しみいただければと思います。

 

それではどうぞ。 

 

本編はこちら→

https://9kyuu.com/blogs/9-kyuustaff/kyuu-hoshinotayori5